富松卓哉 | Takuya Tomimatsu


ニュージーランド写真家

【Small is Beautiful -より小さく より美しく-】をライフテーマに活動する写真家。ニュージーランドの暮らしから学んだ『Small is Beautiful』という生き方を日本に届け、少しでもポジティブな未来へ繋げることを目標に、2015年からニュージーランド写真展やトークライブを日本全国で開催。

現在は毎年2~4ヶ月間をニュージーランドで過ごし、ガイドブックやフォトエッセイの出版に向けて撮影や取材を行っている。2018年9月5日には自身初となるNZガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』を発売。また地産地消のオーガニックフードやパーマカルチャー体験、パワースポット巡り、原生林ハイキング、ヨガなど「自分の人生を本気で見つめ直し、新たなスタートを切りたい」という人のためのプログラム『Retreat in New Zealand』をカラメア在住のポール・早苗マリー氏と共同企画し、2017年よりスタート。

その他、国内では伊豆・修善寺ゲストハウス Hostel Knot や隠岐の島・布施地区の地方創生プロジェクトの撮影やプロデュースを手掛けるなど、『Small is Beautiful』の世界観を追求すべく活動を続けている。

▶富松卓哉の活動・仕事の詳細についてはこちら
▶ニュージーランドに行ったキッカケについてはこちら
▶撮影やお仕事のご依頼はこちらから。

【 SNS 】

▶ Instagram-NZ|tky15_lenz
▶ Instagram-Japan|tky15_japan
▶ Twitter|tky15_lenz
▶ Facebook|Takuya Tomimatsu

【 Project / Produce 】

▶ニュージーランド写真展『Small is Beautiful』(※1)
▶『Retreat in New Zealand』企画・運営
NZガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』 (2018年9月発売予定)
▶日刊ニュージーランドライフコラム「写真家・富松卓哉のNZ紀行
▶NZブライダル「Aumarire」アドバイザー
▶伊豆修善寺ゲストハウス「Hostel Knot」プロデューサー
▶隠岐の島 布施地区 地域おこし協力隊 アドバイザー

※1) 2016年2月まで「Less is More」として開催。現在は「Small is Beautiful」に変更し、活動を続けています。

 

【 ニュージーランド写真展 】

《2015/02/07》 東京 | karlyscrum
《2015/10/24・25》 東京 | karlyscrum
《2016/10/08》 福岡 | FUCA
《2016/10/09》 佐賀 | CAFE木と本
《2016/10/10》 熊本 | 未来会議室
《2016/10/29》 名古屋 | TOLAND
《2016/11/20》 横浜 | さくらWORKS
《2016/11/26》 大阪 | 会ふ afu
《2016/11/27》 京都 | ビアバルQOO
《2016/12/03》 東京 | SOOO dramatic
《2017/02/25》 松本 | まつもと市民芸術館
《2017/10/21》 東京 | SOOO dramatic
《2017/12/12》 東京 | サンクチュアリ出版
《2017/12/16》 札幌 | ゲストハウス雪結yuyu

【 その他イベント, 講演会, ゲスト出演 】

《2016/08/21》 ニュージーランド移住留学セミナー
2016/11/09》 講演会『Less is More』 / 立命館大学BKCキャンパス
《2017/02/11》 トークライブ『NZに学ぶ。今、日本人に求められる生き方・働き方とは?』
《2017/02/26》 Matsumoto BBC / amijok
《2017/06/21》 舞台『アオニトケル』/ アクロス福岡
《2017/07/22・23》 ニュージーランドフェア / 羽田空港 国際線旅客ターミナル
《2017/09/12》トークライブ『シゴタノライブ in 静岡』
《2017/11/08》New Zealand Little Fes. / 中目黒ビオキッチン
《2017/11/11》トークライブ『旅するように働くコレカラノ生き方』in 名古屋
《2017/11/15》トークライブ『ボクたちが会社員を辞めた理由』in 大阪
《2017/11/24》トークライブ『旅するように働くコレカラノ生き方』in 東京
《2017/12/14》横浜商科大学 観光マネジメント学科 特別講演会

【 Biography 】

《1986/11》
父親の地元 福岡で生まれる。6歳までは大阪、その後20年以上を東京で過ごす。

《1993/07》
6歳の時に、妹のピアノの発表会で父親が持っていた一眼レフカメラを奪い取り、発表会の様子を撮ったのが、カメラを握った最初の記憶。

《2006/11》
成人祝いとして、一眼レフカメラを父親から買ってもらう。休みを見つけては写真を撮りに行くということを繰り返す。

《2009/04 ~ 2013/06》
大学を卒業し、企業に就職するものの、日本社会の体質や会社員としての生き方・働き方に疑問を抱く。度重なる体調不良をきっかけに退職。昔から憧れていた世界一周に出ることを決意する。

《2013/09 ~ 2015/01》
世界一周を夢見て、ニュージーランドへ初渡航。当初は数ヶ月の滞在予定だったものの、ニュージーランドの大自然や、ここに暮らす人々の生き方・ライフスタイルに衝撃を受け、ニュージーランドに残ることを選択。結局、1年4ヶ月もの歳月を過ごす。

《2015/02》
帰国後、たくさんの人にニュージーランドの魅力を伝えたいと思い、スライドショーを中心とした『ニュージーランド写真展&トークライブ』を開催。1日限りの開催にも関わらず、100名以上の動員を記録する。

《2015/10》
日刊ニュージーランドライフ運営者 長田雅史氏、NZ最果ての街カラメア在住のポール & 早苗マリーご夫婦をゲストに迎え、自身2度目となる『ニュージーランド写真展&トークライブ』を開催。このイベントをきっかけにニュージーランドへの想いを抑えることができず、ニュージーランドと関わり続けることを決意。

《2016/02 ~ 04》
約1年ぶり、自身2度目となるニュージーランドへ。ポール・早苗マリーご夫婦と共に、ニュージーランド最果ての街『カラメア Re:Start』を企画。開催に向け動き出す。

《2016/08》
日本全国で『ニュージーランド写真展&トークライブ』の開催を目指し、クラウドファンディングを起ち上げる。資金60万円を集めることに成功し、日本全国ツアーを開始。

《2016/10 ~ 2017/02》
『ニュージーランド写真展&トークライブ』を日本全国10都市で開催。

《2017/04 ~ 05》
自身3度目となるニュージーランドへ。NZリトリートプログラム『カラメア Re:Start』を初開催。

《2017/05》
『自由であり続けるために ~20代で捨てるべき50のこと~』著者 四角大輔氏、ニュージー大好きドットコム代表 野澤哲夫氏、日刊ニュージーランドライフ運営者 長田雅史氏と共に『ニュージーランドガイドブック』の作成開始を発表。2018年9月出版に向け始動。

《2017/07》
羽田~オークランド間の直行便を記念したイベント『ニュージーランドフェア』
羽田空港 国際線旅客ターミナルにて写真展示&ゲストスピーカーとして参加。

《2018/01》
NZガイドブック制作の費用を募るためにクラウドファンディングを決行。わずか一日半で目標額120万円を突破。最終的には支援者614人、達成率300%を超える366万円と大成功を収める。

《2018/02 ~ 03》
『Retreat in New Zealand』を初開催。

《2018/04 ~ 05》
NZガイドブック出版に向けて、四角大輔氏と共に本格的にロケを開始。約2ヶ月に渡る取材ツアーでは、飲食店で100近く、宿泊地は50以上を訪問。