ニュージーランドには数々の美しい大自然が残っており、世界中のトレッカーを魅了し続けている。日本ではさほど登山やロングトレイルには興味のなかった僕も、この国に来てから、がっつり魅了されてしまった1人。

数多くある美しいトレッキングコースの中から、特にお勧めしたいのが「Great Walks」

DOC(Department of Conservation)と呼ばれるニュージーランド政府の自然保護省が、最も景観が素晴らしいと定めているコースを「Great Walks」と呼んでおり、現在9つのGreat Walksが指定されている。

(※2019年から「Paparoa Track and Pike29 Memorial Track」が追加され、計10コースになる)

今日はその中から、すでに訪れたことのある7つコースをご紹介。

 

1. Tongariro Northern Circuit


Tongariro National Park / トンガリロ国立公園
北島, 2泊3日, 総距離43km

あの「ロード・オブ・ザ・リング」の最後の指輪を葬る地、モルドールのロケ地となったトンガリロ国立公園。活火山ということもあり、他の国立公園とはまったく雰囲気が異なり、独特の空気感が漂っているトレッキングコース。足場も柔らかく、体力的にはややキツいが、溶岩やクレーター・蒸気孔・エメラルド湖の織りなす壮大な景色は圧巻の一言。

 

2. Lake Waikaremoana


Te Urewara National Park / テ・ウレウェラ国立公園
北島, 2泊3日, 総距離46km


レイク・ワイカレモアナの湖畔沿いをぐるっと一周するトレッキングコース。Penekire Hutまでの登りはそこそこキツいが、そこから見下ろす湖の青の深さ、そして奥に見える山々の壮大さには誰もが感動するはず。

 

3. Abel Tasman Coast Track


Abel Tasman National Park / エイベル・タズマン国立公園
南島, 2泊3日~3泊4日, 総距離60km

ニュージーランド内で最も多くの観光客が訪れるエイベル・タズマン国立公園。美しい海岸線に沿って歩くトレッキングコースで、すべて歩くもよし、途中までクルーズやカヤックを楽しむもよし、様々な楽しみ方ができる。また潮の満ち引きにより、干潮時のみ歩けるコースが出現することもあるので、干潮時の時間をしっかり調べてから行くと◎。

※個人的にはすべて歩くよりも、途中までクルーズやカヤックで行く方がお勧め。

 

4. Heaphy Track


Kahurangi National Park / カフランギ国立公園
南島, 3泊4日, 総距離78.4km

「Great Walks」としてはニュージーランド最長となるヒーフィー・トラック。手付かずの原生林が多く残っているカフランギ国立公園を歩くと、まるでジャングルの中にいるかのよう。ジュラシックパークやアバターの世界に張り込んだかのような感覚になる。全工程を歩く自信がない人には、カラメア側にあるスタート地点「Kohaihai」から「Heaphy Hut」の往復がお勧め。

 

5. Routeburn Track


Fiordland Natioanl Park / フィヨルドランド国立公園
南島, 2泊3日, 総距離32km

Great Walksの中では最も距離が短いコースの1つで、Great Walksデビューには最もお勧めのコース。景色の変化にも富んでおり、さまざまな表情を楽しめる。最大の見どころ、Lake HarrisからFlats Hutにかけての空間は、まるで時空を超えてしまったかのような…もはや言葉で説明できるものではない。山好きはもちろんのこと、すべての人に足を運んでほしい奇跡のトレッキングコース。

 

6. Kepler Track


Fiordland Natioanl Park / フィヨルドランド国立公園
南島, 3泊4日, 総距離60km

スタート地点がテアナウからすぐ近くで、とてもアクセスがしやすいコース(基本的にGreat Walksはアクセスが悪く、移動代が結構かかる)。Luxmore HutからIris Burn Hutにかけては山の尾根を歩くため、まるで「天空の路」を歩いているかのような感覚に。フィヨルドランド国立公園やテアナウ湖を一望でき、歩いていて飽きることがない。

 

7. Milford Track


Fiordland Natioanl Park / フィヨルドランド国立公園
南島, 3泊4日, 総距離53.5km

予約”超”困難のミルフォード・トラック。「世界一美しい散歩道」と称賛され、世界中のトレッカーを魅了し続けている。3泊4日・計53.5kmの道のりはまさに「奇跡」の連続。死ぬまでに見るべき景色がそこにはあった。短い文章や写真で表現できるものではなく、詳しくはこちらにまとめたのでぜひご一読を!

 

Great Walksの多くが3~4日間のコースだが、難易度はそれほど高くない。

寝袋や食事・調理器具などは自分で持ち運ぶ必要があるが、コースは整備されており、標高も高いコースでも1,000~1,300m程度。山小屋もDOCによって、とても綺麗に整備されているため、安心して宿泊することができる(トイレも山小屋としては驚くほど綺麗だった)。

 

ざっくりと、7つのGreat Walksを紹介させてもらったが、それぞれに独自の景観があり、どれも期待を裏切らない素晴らしいコースばかり。まだ足を運べていないWhanganui Journey, Rakiura Track, そして2019年にオープンとなるPaparoa Track and Pike29 Memorial Trackにも、遠くない将来足を運ぶつもり。

またGreat Walksはその美しい景色以外も、世界中から訪れているトレッカーとの出会いや、山小屋で過ごす時間なども魅力の1つ。

 

ぜひ時間を作って「奇跡」とも呼べるニュージーランドの大自然を思いっきり味わって欲しい。その体験は間違いなく、人生のハイライトの1つとなるはずだから。

富松卓哉 | Takuya Tomimatsu


ニュージーランド写真家

【Small is Beautiful 〜小さく美しく生きる〜】をライフテーマとし、必要以上のモノを持たない暮らし、そして”好き”を軸に生きるライフスタイルを追求し続ける写真家。

ニュージーランドで学んだ『Small is Beautiful』という生き方を日本に届け、少しでもポジティブな未来へ繋げることを目標に、写真展や講演会・執筆活動などを行っている。2016年からは日本全国でニュージーランド写真展を開催。現在まで16カ所で開催し、1000名以上を動員する。

現在も毎年2~3ヶ月間をニュージーランドで過ごし、ガイドブックやフォトエッセイの出版に向けて、各地を訪れ、撮影や取材を行っている。また『ニュージーランド・リトリートツアー』をプロデュースするなど、”好き”を軸に活動の幅を広げている。

▶ 富松卓哉 Official Media | tky15lenz.com
▶ Instagram | tky15_lenz
▶ Twitter | TakuyaTomimatsu
▶ Facebook | Takuya Tomimatsu
▶ Facebookページ | New Zealand Photography by Takuya Tomimatsu

詳しいプロフィールはこちら