ニュージーランドには「世界一美しい散歩道」と世界中から称賛され続けている3泊4日・53.5kmのロングトレイルがある。

僕はニュージーランドという国に足を運んだのも、このロングトレイルに挑戦してみたいという思いがあったから。このコースを歩いたのはもう3年以上も前(2014年1月26日)になるが、今でもあの日、あの時に出会った奇跡の数々が鮮明に蘇ってくる。

 

あの3泊4日・53.5kmで出会った奇跡の数々を改めて振り返り、1人でも多くの人に届き、ぜひあのトレッキングコースに挑戦して欲しいと思う。

 

でも正直に言うと、僕はそれほどこの “Milford Track” には期待していなかった。

 

というのも、僕はすでにニュージーランドを旅してから1カ月半が過ぎ、数々の絶景を何度も目の当たりにしてきた。

Great Walks(※)もすでにRouteburn Track, Kepler Trackの2つを歩き、すでに”感動し尽くした”感が自分の中にあって、逆にそろそろ感動が薄れるんじゃないかと、変に冷めていた。

この1ヶ月半の間で目の当たりにしてきた絶景を大きく超えることはないだろうと。

Great Walksがどんなものかは、こちらに簡単にまとめています

 

さらに「世界一」と呼ばれるものには、どうも盛られている感が否めない。

期待だけが大きく上回って、実際見てみるとがっかり…みたいなことがあるんだろうと、敢えて期待しないように、出発当日を迎えた。

 

●ミルフォード・トラック概要

ニュージーランドの南島の南西部のフィヨルドランド国立公園内にある、3泊4日・53.5kmのトレッキングコース。テ・ワヒポウナムの一部としてユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。

DOC(Department of Conservation)と呼ばれるニュージーランド政府の自然保護省が、最も景観が素晴らしいと定めているコースを「Great Walks」と呼んでおり、現在9つのGreat Walksが指定されている。ミルフォード・トラックはその内の1つ。

(※2019年から「Paparoa Track and Pike29 Memorial Track」が追加され、計10コースになる)

 

《アクセス・行程》
Te Anauという街からバス、もしくは車で27kmのところにある「Te Anau Downs」というところからフェリーに乗り換える。そして約1時間半ほどでスタート地点の「Glande Wharf」に到着。そこから3泊4日、53.5kmの旅がスタート。

1日目:Glande Wharf  – Clinton Hut (1~1.5時間・16.5km)
2日目:Clinton Hut – Mintaro Hut (6時間・16.5km)
3日目:Mintaro Hut – Dumpling Hut (6~7時間・14km)
4日目:Dumpling Hut – Sandfly Point (5.5~6時間・18km)

トレッキングコースの終了地点「Sandfly Point」からボートに乗り換え、20分ほどでミルフォード・サウンドに到着。そこからTe AnauやQueenstown行きのバスなどがあるので、それに乗って街へ戻ることができる。山小屋(Hut)やTransportの予約はすべてDOCからできる。

 

 

●ミルフォード・トラック初日

そんな中、天気は曇り。Te Anauという街からバスで約30分、そこからボートに乗り換え、テ・アナウ湖を渡ること1時間半。いよいよスタート地点に到着。


写真はMilford Trackのスタート地点。外来種を持ち込まないように靴底を消毒する必要がある。

 

そしていよいよスタート。

Milford Trackはフィヨルドランド国立公園(世界遺産)内にあるコースで、1年で300日雨が降ると言われるほど、世界的”超”多雨地帯。

その雨が創り出した神秘的な原生林の中を歩く。

 

初日はわずか5kmほど。

短い距離ではあったが、ロビンという人懐っこい鳥が周辺をウロチョロ飛び回ってくれた(ニュージーランドはクマやヘビといった危険な動物がいないため、警戒心が薄い動物が多い)。

 

また途中に、こんなフカフカの赤い湿地帯が現れたり。

 

 

と言っても初日に話せるのはこの程度。

この2週間でRouteburn Track(2泊3日・32km)、Kepler Track(2泊3日・54km)を歩き、かなり疲労が溜まったいたので、2日目以降に備えて、初日は身体を労ることに専念した。

 

●ミルフォード・トラック2日目

そして迎えた2日目。この日はかなり早起きして、先を急ぐことにした。それには”ある理由”があった。

このMilford Trackの最大の見どころは「Mackinnon Pass(マッキノンパス)」という地点。このMackinnon Passには3日目に到達するものの、天気予報によると3日目は雨。

幸運にも2日目は晴れの予報だった。それならば2日目ののうちにマッキノンパスまで見に行ってしまおう!

そう決めた僕は、早起きして先を急いだ。

 

初日の山小屋Clinton Hutを離れると、しばらくは美しい清流に沿って歩く。早朝に出たこともあって、朝日が差し込む清流は優しい光に包まれていた。

 

 

そしてコースを進むにつれ、徐々に景色はひらけてきて、朝日を浴びた植物は神々しい雰囲気に包まれていた。

まるで呼吸をしているかのように。

 

 

歩き始めて2時間くらいが経った頃。景色が開け、周りを見渡すと、切り立った山々が目の前に立ちはだかっていた。

先住民族マオリの伝説によると、この険しい崖が連なるフィヨルドランドの地形は「トゥテ・ラキファノア」という巨人の石工が手斧で削って創り出したと言われている。

 

その圧倒的な迫力の自然の前に、人間としての無力さを感じたり、逆に生かされている感謝の想いが芽生えたりと、不思議なエネルギーを感じざるを得なかった。

 

そして昼過ぎには2日目の山小屋Mintaro Hutに到着。

ここで荷物を預け、昼食を澄まし、足早にそのまま最大の見どころ「Mackinnon Pass」を目指す。ほとんどの物は山小屋に置いてきたので、足取りも軽く、サクサクと登る。

 

標高が高くなるにつれ、森林限界を越え、少しずつ景色が開けてきた。

 

 

いよいよ”Mackinnon Pass”に近付く。

 

 

 

そして目の前に広がっていたのは…

 

 

「世の中にこんな美しい場所はあるのか…」

 

山々に抱かれた360°の大パノラマを目の当たりにし、僕は言葉を失っていた。

 

 

そこにはどんな言葉を使っても、
どんなに優れた写真であっても、

決して表現できないほどの絶景が目の前には広がっていた。

 

 

まるで時空を超えてしまったかのような、別世界に行ってしまったかのような、不思議な感覚だった。

 

人生に正解なんてものは存在しないけど「生きててよかった」。そう思える瞬間をどれだけたくさん体験できるかで、人生は決まると僕は思う。

 

この景色の一部になれただけでも、僕には生まれてきた意味があった。

 

そんな確信を抱くことができるほど、このMackinnon Passからの眺めは圧巻だった。

 

 

●「過去」を受け入れることができた時、人は「新たな一歩」を踏み出すことができる

 

もう何時間、ここにいたかは覚えていない。気が付くと、僕は大粒の涙を流していた。

 

社会に出てからの人生は、挫折の連続だった。

何をやってもうまく行かず、会社を逃げ出したことも何度もある。

 

自分の歩んできた道、選んできた人生をずっと恥ずかしく思っていたし、消し去りたいとさえ思っていた。

 

 

でも、1つ言えることは、もしこれらと違う道を歩んでいたら、僕はこの場に居合わせることはなかっただろう。

 

すべての点と点は繋がっていた。

 

今までのすべての出会いや経験が、今の自分を作っていて、この景色にたどり着くことができた。

 

それに気づくことができた時、今まで消し去りたいと思っていた「過去」をすべて受け入れることができた。

 

それは、今までの自分自身を、全部許すことができた瞬間だった。

 

過去を変えることはできない。
でも、受け入れることはできる。

 

人は「過去」をすべて受け入れることができた時、初めて「新たな一歩」を踏み出すことができる。

 

僕にとっては、このMilford Trackが「過去」を受け入れ、新たな人生を歩んでいく転換点となった。

 

●Milford Trackの奇跡は続く

 

ここを離れるのがとても惜しかったが、日も暮れ始めたため、山小屋Mintaro Hutへと引き換えし、感動のMilford Track2日目を終えた。

 

ここまで天気に恵まれた前半戦だったが、3・4日目の予報は雨…。でも、Milford Trackの奇跡はこれだけで終わらなかった。

 

後半戦へと続く。
ミルフォードトラック後半戦

富松卓哉 | Takuya Tomimatsu


ニュージーランド写真家

【Small is Beautiful 〜小さく美しく生きる〜】をライフテーマとし、必要以上のモノを持たない暮らし、そして”好き”を軸に生きるライフスタイルを追求し続ける写真家。

ニュージーランドで学んだ『Small is Beautiful』という生き方を日本に届け、少しでもポジティブな未来へ繋げることを目標に、写真展や講演会・執筆活動などを行っている。2016年からは日本全国でニュージーランド写真展を開催。現在まで16カ所で開催し、1000名以上を動員する。

現在も毎年2~3ヶ月間をニュージーランドで過ごし、ガイドブックやフォトエッセイの出版に向けて、各地を訪れ、撮影や取材を行っている。また『ニュージーランド・リトリートツアー』をプロデュースするなど、”好き”を軸に活動の幅を広げている。

▶ 富松卓哉 Official Media | tky15lenz.com
▶ Instagram | tky15_lenz
▶ Twitter | TakuyaTomimatsu
▶ Facebook | Takuya Tomimatsu
▶ Facebookページ | New Zealand Photography by Takuya Tomimatsu

詳しいプロフィールはこちら