マインドフルネス・リトリート
~自分の〝内なる声〟に耳を澄ます4泊5日~


正直に言うと、ここは本当に誰にも教えたくなかった。


『自分だけが知っているとっておきの場所』にしておきたかった。


最高のロケーションに、最高のオモテナシ。
最高のシーフードに、満天の星空。
息を呑むほど美しい朝焼け。


実は2年前も、去年も、友人をこっそり案内したんだけど、みんな口を揃えてこう言うんだ。


「確かに、ここは誰にも教えたくないね」って。


あと、これもみんな口を揃えて言う。


「4泊5日でも短すぎる」って。


実はガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』でも紹介したんだけど、それはなぜか。


答えはいたってシンプルで、仲間と過ごした方がずっと楽しかったから。もちろん誰にも教えたくない気持ちも正直まだあるんだけど、もっとたくさんの人とここでの感動を共有したくなった。


だからガイドブックを買ってくれた人と、この投稿を見てくれている人だけに、この『Hopewell』の魅力をこっそりお伝えしよう。


まずは下の動画を見てみて欲しい。
たった1分の映像だけど、 おそらく一瞬で心を奪われると思う。
 


すごいよね。
本当に「天国」みたいな場所なんだ。

このHopewellがあるのは、 南島の北端部で「Marlborough Sounds(マールボロ・サウンド)」というエリアなんだけど、この複雑に入り組んだリアス式海岸のような地形が創り出した景観の美しさは「自然が造り出したアート」と言っても過言じゃない。


そんな美しい入江にたたずむ 『Hopewell』は、バックパッカー協会 BBHで なんと15年連続1位に輝き、満足度は99%


でも、1つだけ難点がある…。
 


ここに行くためには…

ネルソンからはバスとウォータータクシーを乗り継いで約4時間。ピクトンから行く場合はウォータータクシーを2回乗り継ぐ必要がある。


ただアクセスとしては超不便なんだけど、たどり着いた先にはすべての苦労を忘れさせてくれる素晴らしいホスピタリティ絶景、そしてここでしか味わえない〝至福体験〟が待ち受けている。


その一部を少しだけ紹介すると…

・ 静寂に包まれた中で迎える朝焼け
・満天の星空を眺めながらのスパ
・天然のマッスル貝・オイスターなどの絶品シーフード
・大自然の中でのアクティビティ


ここいちお「バックパッカーズ」なんだけど、「高級ロッジ」にしか思えないくらい最高なんだよね…。

このマールボロ・エリア周辺には過去3ヶ所ほど泊ったことがあるんだけど、ダントツでここが最高。さらにバックパッカーズ協会で2位と3位のところに泊まったことがあるけど、ここ『Hopewell』は飛びぬけて最高なんだ。共用のシャワーやキッチンも驚くほど清潔で、バックパッカーズが苦手って人でもまったく問題なし。


と、魅力をあげればキリがないんだけど、


ここで何をして欲しいか。
1つだけ挙げるとすると〝何もない〟をしに行くところかな。


毎日を忙しく生きるぼくらにとって、今最も大切なことは「心静かに、自分自身をゆっくり見つめ直す」時間をつくること。ここ『Hopewell』にはその環境が完璧に揃っている。


だから、
ここにいる間は「日常」のことは少し忘れてみよう。
ここにいる間は「時間」のことも少し忘れてみよう。



そして、心静かに〝内なる声〟に耳を澄ましてみよう。



究極に〝何もない〟環境の中で、自分の〝内なる声〟と本気で向き合うマインドフルネス・リトリート。

あなたはここで「本当の自分」と繋がるはずだ。

Experience|Hopewellで体験できること



① アクティビティ

何と言ってもここ Hopewellの最大の魅力は、この大自然に囲まれた中でのアクティビティ。宿泊者には カヤック・SUP・釣り道具・マウンテンバイクなどを貸し出しており、 この美しい山と海に囲まれた中でのアクティビティは格別。歩いて2~3分のところには 土ボタルが 生息しており、夜になるとその幻想的な光を見ることができる(写真1番下)



② スパ

24時間利用できるスパ。日中は絶景を眺めながら、夜は満天の星空を眺めながらスパを楽しむことができる極上の癒し。水着が必須なのでお忘れなく。

 

③ スターウォッチング

孤立した場所に佇むHopewell周辺にはほとんど人工的な光がない。だから夜になれば、満天の星空が目の前に広がる。この星空を眺めながら入るスパが超お勧め。

 

④ シーフード

ここでは週に2~3回、宿泊者向けに「マッスル貝パーティー」が開催される。収獲し立てのマッスル貝を、オーナー自家製のソースで食べる。これが本当に最高。さらに自分たちで釣った魚を調理して、アクアパッツァにしたり、漬け丼にして食べたり…。シーフード好きには天国と言える場所。

 

⑤ マインドフルネス&ヨガ

ヨガインストラクター松村麻奈可によるマインドフルネス&ヨガを毎朝開催。朝焼けと共に起床し、静寂に包まれた中で行うヨガは普段とはひと味もふた味も違う。マインドフルネス&ヨガを通して【心・体・魂】を繋ぎ、静寂に包まれるHopewellで 「心の声」にゆっくりと耳を澄ましてみよう。



Host & Facilitator|ホスト&ファシリテーター

ホスト – Mike & Lynley

93年に結婚したマイクとリンリー。クライストチャーチで暮らしながら、休日によくこのマールボロ・サウンズで過ごしているうちに、このエリアに移住することを決意。1999年にHopewellを購入。建物を改修した後、2000年から経営を開始。15年連続バックパッカーズ協会BBHで1位に輝く。

スペシャル・ゲスト – Kunota Chiho

富松卓哉の師匠であり、メンター。進むべき道をデザインしてくれたのが四角大輔さんだとすると、Chihoさんはそれを実現するために、経営者として、カウンセラーとして、様々なアドバイスを与え続けてくれた存在。お金や仕事、人間関係のことなど、色んな壁にぶちあたる度に大阪まで足を運び、嫌な顔1つせず 常にサポートし続けてくれたぼくの自慢のメンターです。

-バイセクシャルの女装家セラピスト

《男モード》
経営者。28歳で起業し、本社滋賀からスタートした会社は、現在東京・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・石川に支店を持つ年商5億円規模の会社に成長。大好きな妻と可愛い1人息子がいる。

《女モード(女装)》
脳科学と心理学のメソッドを駆使して女装している心理カウンセラー。専門分野は、セルフコミュニケーションと人間関係、そして異性間コミュニケーション。今までに、ビジネス・教育・SEX・恋愛・結婚・友人関係など3000人以上の人間関係の改善を担当してきている。女装している時は、恋愛対象は男性。

《心理カウンセラーになったきっかけ》
30歳の時に夫婦関係や人間関係が原因で統合失調症を患い姉が自殺したのを機に心理療法や脳科学の勉強を始めました。死んだ姉は女に生まれてきた事に後悔があり、いつも男に生まれきた私に妬みの感情を抱いていました。なので最期に姉との会話は姉弟喧嘩になってしまい、その事から言いしれない後悔に悩まされました。自己犠牲の生き方が染みついて人生を全うできなかった姉に伝えたかった事、してあげたかった事、そして女装をして体験した事をベースに女性が女性として幸せになるためのお手伝いをしています。

《資格》
・米国NLP協会認定トレーナー
・内閣総理大臣認定NPO認定心理カウンセラー1級

松村 麻奈可|Manaka MATSUMURA

長野生まれ。19歳の時に最愛の人の死によって心身のバランスを崩す。生きる意味を失い、息苦しさを感じていた頃、日本から逃げるように知り合いがいるNZへ。NZの大自然との触れ合いや、ホストファミリーとの出会いをキッカケに「ありのままの自分」を受け入れられるようになり「生きる希望」をこの地で取り戻す。

また2007年「シヴァナンダ・ヨガ」との出会いをキッカケに身体の不調のみならず、精神面が豊かになっていくことを実感する。自分自身を愛し、人と比べるのではなく自身と向き合うことの大切さ。ヨガの語源である『ユジュ=繋がり』。心と身体・人と人との繋がりを大切にしながら、現在は看護師として活動しながら、精神科病院やイベント等でヨガ・インストラクターとして活動している。

Detail|マインドフルネス・リトリート詳細

◆ NZ最果ての街『Hopewell』マインドフルネス・リトリート

日程:2019/05/06 – 05/10
募集:限定5名
参加費:25万円(税抜き)
集合&解散場所:ネルソン市内

  • お申込みの流れ・お問合せはこちらから。
  • 代金には、リトリート期間中の移動費・ワークショップ・アクティビティ・宿泊費・食費が含まれます。集合場所までの交通費と解散場所からの交通費は各自ご負担ください
  • 宿泊先ではツインルーム(相部屋)でのご案内です。個室をご希望の場合はご相談ください。

Schedule|スケジュール

5/06(月):初日
 09:00 ネルソン集合 → 14:00 Hopewell着
 (食事:夜のみ)

2~4日目
 ・アクティビティ(カヤック/SUP/釣り/マウンテンバイクetc)
 ・スパ(※水着要)
 ・ペスカトリアン料理3食付
 ・スターウォッチング
 ・土ボタル鑑賞
 ・ワークショップ by Chiho KUNOTA
 ・マインドフルネス&ヨガ by Manaka MATSUMURA

5/10(金):最終日
 10:00 チェックアウト
 11:00 Hopewell発 → 15:30 ネルソン解散
  (食事:朝のみ)

※ 2~4日は天候によりスケジュールが変更になる場合がございます。
※ ネルソンまでの移動は各自ご手配をお願い致します。

最後に。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。

嬉しいことに『Retreat in New Zealand』は今回で3年目を迎えることができました。2015年から約4年間、ぼくなりにNZの暮らしと大自然から学んだ「Small is Beautiful」というメッセージを届けてきましたが、このリトリート・プログラムは「Small is Beautifulを実際に体験してもらい、これからの人生を見つめ直すキッカケをつくる」ことを目的として、2017年からスタートしました。

ニュージーランドは日本と比べれば、確かに何もないかもしれません。でも「何もない」からこそ、感じることのできた「豊かさ」がここニュージーランドにはありました。

何もないからこそ、自分自身と深く向き合うことができ、
何もないからこそ、家族や仲間とゆっくり過ごす時間があり、
何もないからこそ、心をかき乱されることなく「心の安らぎ」を感じることができました。

ニュージーランドでの体験がぼくの人生に「自分らしさ」と「心の豊かさ」を取り戻してくれたように、次はぼくがそのキッカケを作りたい。その思い一心で今まで活動を続けています。

至らない点も多々あるとは思いますが、皆さんにとってこの『Retreat in New Zealand』での体験が 「自分らしさ」と「心の豊かさ」 を取り戻すキッカケになってもらえたら、これほど嬉しいことはありません。

ぼくにとって最も思い入れのある場所の1つ『Hopewell』で、皆さんと素晴らしい時間と感動を共有できる日を心から楽しみにしております。


富松卓哉|Takuya TOMIMATSU

 
● リトリートのお申込みの流れ・お問合せはこちらから。