Blog

ブログ

NZ最初で最後の挑戦 |テ・アラロア3000kmの挑戦

正直、自分でもアホだと思った。

こんなことをやりたいと思うなんて。
こんなことにチャレンジしたいと思う自分がいるなんて。

でも、やるなら「今」しかない。
やらないと一生後悔する。

そこだけは間違いない。

ぼくは2020年1月 ニュージーランドで最初で最後となる、人生最大のチャレンジに挑みます。

Lake Marian, Fiordland National Park

挑むは、NZ究極のロングトレイル 『テ・アラロア』

ぼくが新たなチャレンジとして挑むのは『Te ARAROA(テ・アラロア)』

これはNZの最北端ケイプ・レインガから最南端ブラフまで3,000kmを歩く〝NZ究極のロングトレイル〟で、1日あたり25kmのペースで歩いても120日かかる道のり。(ちなみに日本最北端の宗谷岬から最南端 沖ノ鳥島まで2,845kmだから、そう考えるととんでもない距離、、、)

今の予定としては2020年1月に、NZ最北端ケイプ・レインガからスタートし、最南端ブラフに5月末ごろにゴール。約5ヶ月間に渡って、ニュージーランドを縦断します。

でもその「3000km歩く」というのは、新たなチャレンジの序章に過ぎなくて、ぼくがこのチャレンジを通して成し遂げたいこと。それは、

 

この『テ・アラロア』でぼくが体験するであろう「奇跡」と「感動」を【ドキュメンタリー】という形で、たくさんの人と共有すること

 

ぼくが2018年を最後に「ニュージーランド写真展」を一旦活動を休止すると決めたのは、このプロジェクトに注力するため。  

Gertrude Saddle Route, Fiordland National Park
Lake Pukaki



ぼくが『テ・アラロア』に挑む理由

2013年にニュージーランドに初めて足を踏み入れてから早5年。それから「ニュージーランド写真展」という形で自分なりにこの国の魅力や〝Small is Beautiful〟というメッセージを届けてきた。

そしてたくさんの人の応援と支えによって、2018年にはニュージーランドのガイドブックを出版するチャンスに恵まれ、さらにはずっと憧れの存在だった四角大輔さんと2ヶ月間も一緒にロケをさせてもらった。 

大袈裟じゃなく、この5年間は「夢」のような日々だった。  

ニュージーランド写真展&トークライブ「Small is Beautiful」
四角大輔さん・野澤哲夫さん・長田雅史さんとぼくの4人で制作したガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』

今までもこれからも、ニュージーランドに対するぼくの「情熱」と「想い」は変わらないし、ぼくの活動の「軸」も変わらない。

〝ニュージーランド写真家〟として、この国の魅力を届けること。
そしてこの国が教えてくれた「本当の豊かさ」をたくさんの人に届けること。

これこそが、ぼくのライフワーク。

でも一方で…
毎年これだけ足を運んでいると、初めてニュージーランドに足を踏み入れたときの「ワクワク」とか「初々しさ」みたいなのが、少しずつ薄れてしまっている自分がいて、それは写真にも表れてきている気がしていて…。

もちろん今でも毎年、ニュージーランドに行けるのは最大の喜びだし、いつもたくさんの気付きを与えてくれるけど、初めて旅をしたときに感じる独特の「緊張感」や「ワクワク」はどうしても薄れてしまっているのが正直なところ。

でもぼくはこれからも変わらず、ニュージーランドで体験した「奇跡」と「感動」をずっと届けていきたいし、もっと素晴らしい作品を世に出したい。

そのためには1人の写真家として、表現者として、人間として、一皮剥ける必要があるし、そのために今のぼくにはニュージーランドにおいて「未知なる世界」への挑戦が必要だった。

それがぼくにとっては「テ・アラロア」だった。

Mt.Roy, Wanaka
Karameaで出会った奇跡のダブルレインボー

このテ・アラロアの挑戦では、想像を超える過酷さがたくさん待っていることと思う。しかもロングトレイル経験のないぼくが、このチャレンジを本当に達成できるのかさえわからない。

でも「何かにチャレンジする」ということは、勝ち負けを超えた世界がそこには必ず存在して、たとえ失敗したとしても、その経験だけでも失うものの何倍もの価値があると、ぼくはそう信じている。

「挑戦する」ことこそがぼくの人生そのものだし、自分が挑戦する姿を見せることで、誰かのチャレンジを後押しできるような人間であり続けたい。

だからこそぼくは来年『テ・アラロア』に挑戦し、世界最高のドキュメンタリー&映像作品をたくさんの人にお届けすることをこの場で宣言します。 

最後に。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ぼく個人の想いとして、同じ思い・志を持つ仲間と一緒に、このチャレンジを共有・実現したいと思っています。スポンサーを含め、既にたくさんの方にご協力いただいておりますが、以下の内容で『テ・アラロア 3,000kmへの挑戦』を応援してくれるスタッフパトロンスポンサーを募集しています。

 

撮影スタッフに関して
① 映像・写真両方できる方が理想ですが、いずれかでも構いません。
② 旅をするのに問題ないくらいの英語力要です。

 

「自分にはこんなサポートができるよ!」といったご意見もたくさんお待ちしています。このチャレンジが一生心に残る体験ができることは間違いありません。人生を本気で変えたい人。一緒に素晴らしい未来を描いていきたい人。こちらのフォームよりご質問やお問合せをお待ちしております。

 

またトミマツタクヤの活動による売上げはすべて『テ・アラロア』への活動費用として大切に使わせて頂きます。今後は作品制作の活動をメインにしていくため 『Retreat in New Zealand』 の開催は2019年が最後になる予定です。ぼくが案内するニュージーランドを体験してみたい方。『Small is Beautiful』という世界を、そして『本当の豊かさ』を一緒に味わい、一緒に素晴らしい未来を築いていく仲間を募集しています。

 
・NZリトリートプログラム2019 の詳細はこちら
・撮影/写真展/講演会のご依頼はこちら
 

  

「ニュージーランドの奇跡と感動」をたくさんの人と共有できるように、この1年を大切に、大切に生きていきますので、どうぞ応援よろしくお願い致します。

 

どうかこの想いが、たくさんの人の心に届きますように。

 

2018.01.24. 富松卓哉|Takuya TOMIMATAU

Kenepuru Soundからの朝焼け

富松卓哉 | Takuya Tomimatsu

 
ニュージーランド写真家
 

【Small is Beautiful -より小さく より美しく-】をライフテーマに活動する写真家。ニュージーランドの暮らしから学んだ『Small is Beautiful』という生き方を日本に届け、少しでもポジティブな未来へ繋げることを目標に、2015年から『NZ写真展&トークライブ』を日本全国40カ所以上で開催。2018年9月には自身初となるガイドブック LOVELY GREEN NEW ZEALAND を出版する。また地産地消のオーガニックフードやパーマカルチャー体験、パワースポット巡り、原生林ハイキング、ヨガなど「自分の人生を本気で見つめ直し、新たなスタートを切りたい」という人のためのプログラム『Retreat in New Zealand』をカラメア在住のポール・早苗マリー氏と共同企画し、2017年よりスタート。

国内では伊豆・修善寺ゲストハウス Hostel Knot や隠岐の島・布施地区の地方創生プロジェクトの撮影やプロデュースを手掛けるなど、『Small is Beautiful』の世界観を追求すべく活動を続けている。

▶ Instagram|tky15_lenz
▶ Twitter|tky15_lenz
▶ facebook|Takuya Tomimatsu

詳しいプロフィールはこちら

関連記事

NZ3,000km縦断『テアラロア』への挑戦


NZを最北端から最南端へ。写真家トミマツタクヤが、世界屈指のロングトレイル『テ・アラロア』に挑戦。そしてその5カ月間 3,000kmに及ぶ旅のドキュメンタリー化が正式に決定。プロジェクト詳細はこちらから。

『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』

四角大輔・トミマツタクヤ・野澤哲夫・長田雅史4者共著のガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』が2018年9月に発売。著書たちが実際に足を運び、心からオススメできる物件のみが掲載された”究極のガイドブック”がここに完成。ご購入はこちらから。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。