2019年12月よりスタートするニュージーランド縦断3,000km【Te ARAROA(テアラロア)3000km】への挑戦と、ドキュメンタリー作品制作

 

※「テアラロア」プロジェクトについての詳細はこちら

 

約5ヶ月間で3,000kmを歩き切る上で、これ以上なく強力なアウトドアブランドがスポンサーになってくれることになりました。

 

スイス発アウトドアブランドのMAMMUT(マムート)

 

150年という創業年数を誇り、高い耐久性と機能性など、アウトドアブランドの中でもトップレベルを誇るクオリティの商品を展開。名だたるアルピニストたちからの信頼も厚い、世界ナンバーワンブランド。

 

MAMMUTとの関わりはさかのぼること、約3年。

 

ニュージーランドのワーホリから帰国後、すっかりトレッキングにハマってしまったぼくは、時間があればアウトドアブランドのお店に何度も足を運ぶようになって、ありとあらゆるブランドを調べ周っていた。

 

プロダクトに関してはかなりこだわりが強い方で、しかもアウトドアブランドの商品って本当に高いから、他の物を買うよりも遥かに慎重に、でも妥協なくいいプロダクトを探し回っていたわけです。

 

※このあたりは完全に『四角大輔イズム』を受け継いでます(笑)

 

で、気付いたらよく買うようになっていたのが『マムート』だった。

 


 

マムート原宿店(今は閉店)によく足を運んでいて
スタッフさんともかなり仲良くなって
行くたびにめちゃくちゃ話し込んで

 

1回の平均滞在時間はおそらく2時間ほど笑。

 

(完全に営業妨害をしておりました)

 

で、そんなぼくに対して嫌な顔1つせず、いつも熱心に説明してくれる店長さんが川村啓輔さん

 

商品知識が完璧なのはもちろん、何よりも素晴らしいのはちゃんと自分でプロダクトを使用した「経験」を通しての魅力を伝えてくれるところ。

 

本当にたくさんの人から商品説明を受けたけれど、これほど知識と経験を熱弁してくれる人は出会ったことがなくて、アウトドアプロダクトで聞きたいことがあれば、必ず川村さんに聞くようになっていた。

 

左:PR担当 鈴木優美さん 右:新宿店店長 川村啓輔さん

  
2月にドキュメンタリー制作チームのスタッフから、4月のロケハンで必要になりそうなアウトドア商品を早め購入したいという話になり、たまたま打ち合わせをしたカフェから近くにあった『マムート新宿店』に行くことに。

 

この日は必要な物だけ把握しようと、軽いノリで足を運んだんだけど、ここからまさかの展開に。

 

この日も川村さんが出勤されていたので、ドキュメンタリー制作のことを少しお話したら、まさかの川村さんがビックリするくらいこのプロジェクトに興味をもってくれて…。

 

 

「今、マーケティング部門の人たちがそういうチャレンジする人を探しているみたいなんで、よかったらPR担当お繋ぎしましょうか?」

 

ぼくからしたら、MAMMUTは断トツで世界ナンバーワンのアウトドアブランド。そんな企業がスポンサーにつくなんて、夢のそのまた夢の話。

 

MAMMUTのクオリティーは、他のブランドとも一線を画すくらい、商品へのこだわりと追求は変態レベル。

 

 

「え、もちろんマムートがスポンサーがなってくれたらこれ以上なく幸せなんですけど、そんなことあり得るんですか?」

 

と戸惑いながらも、ありがたく紹介して頂くことに。

 

 

で、先月、マーケティング本部の方2名と、プロダクト&サービスの取締役の方と打合せをしてきました。もちろんほぼ全身、マムートプロダクトを身に付けて。

 

とにかくプロジェクトへの思いと、マムート愛を語りまくった。

 

 

たとえスポンサーになってくれなくても、ぼくはマムートと一緒に3,000kmを歩くつもりでいた。

 

だって世界で一番好きなアウトドアブランドだから。

 

そこにウソは付きたくないんだよね。

 

 

今回のプロジェクトでは、制作費だけで最低5,000万円。プロモーション費用を含めれば1億円は必要になってくる。

 

今、スポンサーを募るべく色々な企業にあたっているけれど、好きでもないブランドや商品を「スポンサーだから宣伝する」というスタンスは、ぼくは絶対にとらない。

 

綺麗ごとだと笑われるかもしないけど、たとえお金をもらえたとしても、自分が好きになれないモノは宣伝したくない。とにかく自分にウソをつくような生き方だけはしたくない。

 

だからぼくは、自分が心から好きな企業やブランド、そして同じ思いを持った仲間たちとこのプロジェクトを成し遂げたい。

 

 

その想いが通じたのか、打合せの次の日に「ぜひプロジェクトを手伝わせてほしい」とマムート側からメールを頂いた。

 

また1つ大きな夢が叶った瞬間だった。

 

 

その後、川村さんにお礼と報告をしに会いに行ったんだけど、個人のプロジェクトとして、MAMMUTがスポンサーになるのは日本で「初」とのこと。

 

 

これは夢じゃない。本当に「奇跡」のような話だけど、ずっと描いたことが『現実』になったんだ。

 

夢を叶えるのに、実績や過去は関係ない。
夢は描けば、必ず叶う。

 

それを実感したし、これからもぼくは自分の生き方を通して、そのメッセージをずっと届けていきたい。

 

 

NZ3,000kmの挑戦を、MAMMUTプロダクト&テクノロジーと共に。

 

実績も知名度もロクにないぼくに、マムートは賭けてくれた。ちょっと大げさだけど、ぼくは「マムートの顔」になれるように、このプロジェクトに挑みます。

 

そしていつか向こうから「生涯契約を結ぼう」と言ってもらえるくらい、ぼくはビッグな人間になって大きくマムートに恩返しをします。

 

 

さて、ついに今週末から1年ぶりのニュージーランドへ

 

  
ドキュメンタリー制作チームと一緒に。そしてMAMMUTプロダクト&テクノロジーと共に、行ってきます。

 

よし、やるぞ。

 

Photo by Rina KAWAMOTO
新テクノロジーが搭載されたTrion Spine 35。このバックパックはぼくにとって衝撃だった。レビューはまた後日。
Photo by Rina KAWAMOTO

 

【2019年NZ滞在スケジュール】

  
4/21~ Wanaka – Queenstown
4/25~ Te Anau
4/28~ Karamea
5/03~ ヒミツ
5/12~ Karamea
5/17~ Auckland
5/19 帰国

最後に。

このTe ARAROA(テアラロア)3000kmの冒険と感動を共有するための 【ドキュメンタリー&映像作品】 の製作にあたり、以下のスポンサーを探しています。日本・ニュージーランドの企業で繋がりがある方はぜひこちらのフォームよりご紹介ください。

 

行動食

ニュージーランドの『食』の豊かさ・クオリティー・安全性を、ドキュメンタリーで届けたいと思っています。Back Country CuisineViBERiに繋がりがある方がいましたらぜひご紹介ください。

 

Icebreaker(もしくはGold Win

メリノウール品質を日本の人に届けたいと思っています。メインプロダクトはMAMMUTですが、キャンプ時や就寝時のウエア、トレッキング時のソックス、アンダーウェアとして使用予定です。

 

またトミマツタクヤの活動による売上げはすべて『テアラロア』への活動費用として大切に使わせて頂きます。「ニュージーランドの奇跡と感動」をたくさんの人と共有できるように、この1年を大切に、大切に生きていきますので、どうぞ応援よろしくお願い致します。

 

・撮影/写真展/講演会のご依頼はこちら

 

 

トミマツタクヤ Instagramアカウント

NZと日本の写真を毎日更新。2019年中にフォロワー1万人を目指してます。ぜひフォローお願いします。

◆日本アカウント→ tky15_jp
◆NZアカウント→ tky15_lenz

 

トミマツタクヤ | Takuya Tomimatsu

 
ニュージーランド写真家
 

【Small is Beautiful -より小さく より美しく-】をテーマに撮影・表現活動を行う写真家。2015年から過去40回に渡り「写真×音楽×ストーリー」を組み合わせた独自スタイルの上映会『Small is Beautiful』を日本全国で開催。1500名以上を動員し、そのメッセージと世界観は多くの人の感動を呼ぶ。2018年9月にはガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』を四角大輔氏らと共に出版。日本国内では伊豆・修善寺や隠岐の島・布施地区の地方創生プロジェクトの撮影やプロデュースを手掛けるなど『Small is Beautiful』の世界観を追求すべく活動を続けている。

2020年1月よりNZ究極のロングトレイル『Te ARAROA(テ・アラロア)』への挑戦とドキュメンタリー&映像作品の制作を発表。未知なるチャレンジに向けて、新たなスタートを切った。

▶ SNSページ:InstagramTwitterFacebook

詳しいプロフィールはこちら