1ヶ月間のニュージーランドを滞在を経て、日本へと戻ってきました。

今年12月からスタートする、ニュージーランド縦断プロジェクト「Te ARAROA(テアラロア)」3,000kmへの挑戦とドキュメンタリー制作。出発に向けて、これから本格的に準備を進めていくことになります。

でもその前に。この2ヶ月間で、ぼくの中で起きた変化について書いておこうと思う。むしろ、しっかり言葉にしないと前に進めない気がしていて。ちょっと勇気のいることだけど、自分の今の想いを素直につづろうと思います。

3/21 春分の日から始まった「違和感」

ぼくの中で「変化」が起き始めるキッカケとなったのは3月21日。春分の日に開催したニュージーランド写真展&トークライブのアンコール講演。

その時に感じた「違和感」をキッカケに、自分の中で確かに「何か」が変わった(※3/21について感じた「違和感」についてはこちらにまとめています)。

ニュージーランドの自然やライフスタイルに触れたことで、ぼくの人生は大きく変わり、実際にこの5年間で起こったことは、自分でも信じられないような出来事ばかりだった。

会社員時代は完全に落ちこぼれだったぼくが、ガイドブックの出版に関わらせてもらったり、ずっと憧れ続けた人たちと仕事ができるようになったり。今ではMAMMUTがスポンサーに付いてくれたり、本の出版のオファーをもらったり。

この人生が変わる体験を自分なりにたくさんの人に届けたくて、Small is Beautiful ~より小さく より美しく~をテーマに表現活動を続けてきた。

必要以上のモノを持たない生き方。
そして自分の「好き」に忠実に生きること。

この生き方こそが「自分らしい生き方」だと、ずっと信じて5年間活動してきた。

会社員時代、自分を押し殺して生きてきたぼくにとって、「自分らしく」生きることは豊かな人生を送る上で大切なことだと、ニュージーランドから学んだ。

ぼくにとって「自分らしさ」とは、周りの目や社会の評価を気にすることなく、自分の「心」に従って生きる(=自分の好き・嫌いに忠実に生きる)こと。

自分でもその生き方を実践し、写真展&トークライブでも、SNSでも、ずっとそのメッセージを発信し続けてきた。

でも、そのメッセージを発信し続けてきた結果、

いつの間にか「自分らしく生きなければ…」と思うようになっていた。

これをやってしまったら自分らしくないかも…。
今まで応援してくれた人をがっかりさせてしまうかも…。
離れていってしまう人が出てくるかも…。

表現活動こそが、自分のライフワークだと。自分らしさだと。そしてチャレンジする人生こそが、自分らしさだと。トミマツタクヤの生き方だと。

でも「自分らしくいなきゃ」と思っている時点で、周りの目を他人の評価を気にしている、つまり「自分らしさから離れている」というパラドックスが生まれていた。

「自分らしさ」という罠に、ぼくは陥っていた。

そして、いつの間にか「自分らしくない自分」を許せなくなっていた。

で、結果的にどうなってしまったかというと、疲れてしまっている自分がいたんだ。休むことを許さず、常に見えない「何か」と戦ってきた。

それに気が付いたのが去年。ガイドブックを出版するという機会をもらい、たくさんの人から注目され、全国ツアーを通して本当にたくさんの人と交流することができて、間違いなく人生で最も幸せな1年だった。でも、あまりの忙しさで4回も体調不良で倒れ、一番ひどいときは2週間近くも寝込んだ。

正直に言う。

2018年をもう一度繰り返したいかというと、”YES” と言えない。

人生で最も「幸せ」を感じながらも、「もう続けたくない」というパラドックス。

これに気付いてしまった時はさすがにショックだった。このチャンスを与えてくれた人にも、今までずっと応援してくれた人にも、すごく失礼なことだから。

でもこれを続けている限り、身体と心が持たない。そして、ここで区切りをつけないと、また同じことを繰り返しになってしまう。だから今、ぼくは一旦リセットしなければならないタイミングに来ている。

「自分らしい生き方」から「自分を受け入れる生き方へ」

今の自分にとって、何が正しいのか。そしてこれからをどう生きるべきか、答えは見つかっていない。

でも1つだけ決めたことがある。

どんな自分も、受け入れて生きる。

たとえ誰にどう思われようと、誰かが離れていってしまおうと。

だって自分らしくても、自分らしくなくても、ぼくはぼくだから。

 

この5年間、ぼくは「自分らしい自分」しか受け入れてなくて、「自分らしくない自分」を受け入れようとしなかった。でもそれって結局、自分をすべて受け入れられていない、つまり自分を100%愛せていない生き方。

まずは自分が自分の味方になってあげないと。どんな自分も受け入れてあげないと。

ぼくは自分に厳しすぎた。

たとえ自分らしくなくても、自分を許してあげよう。
チャレンジせず、まったりと過ごす自分も許してあげよう。

どんなぼくも、大切なぼくだから。

もし「自分らしく生きないと」と思っている人がいたら、ぼくみたいに「自分らしさ」にどうか縛られないで欲しい。

自分らしくあっても
自分らしくなくても
どっちも大切な自分だから。

あなたが良いときも悪いときも
受け入れてくれる人こそ
本当に大切にすべき人だから。

だからこれからどんな生き方をしようとも、まずはぼく自身が自分の「すべて」を受け入れて生きようと思う。

自分らしい生き方から、自分を受け入れる生き方へ。

5年間続けてきたチャレンジも、一旦リセットするタイミングがいよいよやってきました。まだ抵抗もあるし、スッキリはしていないけど、一歩ずつ、少しずつ。

「テアラロア」への向き合い方も大きく変わった。その辺りについても、また言葉にできた時に書いていこうと思います。

続く。

Profile|プロフィール

 

トミマツタクヤ | Takuya Tomimatsu

 
ニュージーランド写真家
 

【Small is Beautiful -より小さく より美しく-】をテーマに撮影・表現活動を行う写真家。2015年から過去40回に渡り「写真×音楽×ストーリー」を組み合わせた独自スタイルの上映会『Small is Beautiful』を日本全国で開催。1500名以上を動員し、そのメッセージと世界観は多くの人の感動を呼ぶ。2018年9月にはガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』を四角大輔氏らと共に出版。日本国内では伊豆・修善寺や隠岐の島・布施地区の地方創生プロジェクトの撮影やプロデュースを手掛けるなど『Small is Beautiful』の世界観を追求すべく活動を続けている。

 

2020年1月よりNZ究極のロングトレイル『Te ARAROA(テ・アラロア)』への挑戦を発表。未知なるチャレンジに向けて、新たなスタートを切った。

 

▶ SNSページ:InstagramTwitterFacebook

詳しいプロフィールはこちら