今「天然の健康食品」として、世界中から注目を浴びているマヌカハニー。

〝健康食品&スーパーフード〟としてすっかり定着した感のある「マヌカハニー」だが、意外にも歴史は浅く、世界から注目され始めたのは わずかここ30年の話。それまでマヌカハニーは、ニュージーランド以外の国ではほとんど知られた存在ではなかった。

近年は健康志向が高まり、さらにコロナの影響もあって、ハチミツの需要、中でもニュージーランド産のマヌカハニーの人気が爆発。”Queen of Honey” と称されるマヌカハニーの効能や健康活性パワーが世界中で大いに注目されており、テニス世界No.1プレーヤーのジョコビッチやサッカー日本代表 長友佑都、オリンピック元水泳日本代表メダリストの松田丈志など、一流アスリートも愛用していることを公言している。

ちなみに個人的な内容で恐縮だが、ぼくはニュージーランドを最北端から最南端まで3,000kmを縦断する『Te ARAROA(テ・アラロア)』というロングトレイルに2020年1月から挑戦(※ 1,100km時点でロックダウンにより中断。2022年より再開予定)。その時の行動食として、マヌカハニーやプロポリス、ビーポーレンを常備。ロングトレイルは栄養が偏りがちな食事が多い中、マヌカハニーの豊富な栄養素や健康活性パワーには大いに助けてもらった。

ただ、口コミやネット上では「マヌカハニーはすごい」とよく聞いたり見たりするけれど、じゃあ具体的にマヌカハニーの何がすごいのか。一般のハチミツとは何が違うのか。たくさんの数値やアルファベットが並んでいるが、何を指しているのか。その辺りを知る人は少ない(ぼくも恥ずかしながら、、、最近までは、マヌカハニーは「なんとなくスゴい」という認識しかなかった)。しかし調べれば調べるほどマヌカハニーの奥は深く、知れば知るほどマヌカハニーの魅力に取りつかれている今日この頃。

そこで!マヌカハニーとは何か。マヌカの知られざる歴史から、近年の研究で判明した新事実、正しい選び方、お勧めマヌカハニーや効果的な食べ方など、基礎的なことから奥深いところまで、ぼく個人の感想・体験談も交えながら、さまざまな視点から『マヌカハニーの真の魅力』を紐解いていこうと思う。

マヌカハニー特集の第3回目は『マヌカハニーと普通のハチミツとの〝決定的な違い〟』について。現在の科学を持ってしてもまだ謎の多いマヌカハニーだが、一般のハチミツにはない〝ある抗菌成分〟があることが近年の研究で判明。マヌカハニーが他のハチミツと比べて、何がどう凄いのか?専門用語もいくつか出てくるが、できる限りかみ砕いて深堀りしていこうと思う。

第1回:マヌカハニーの驚異の「生命力」とその「神秘」
第2回:マヌカハニーの知られざる歴史

普通のハチミツとマヌカハニーの〝決定的な違い〟とは?

マヌカハニーに限らず、すべてのハチミツには優れた「抗菌性」と「保湿性」があり、化粧品や日用品にもハチミツが使われるケースが年々増えている。またハチミツは〝唯一腐ることのない食品〟* として知られ、古来エジプトでは「防腐剤」としてミイラの保存にハチミツを使用していたそうな。

* 日本の食品衛生法では【賞味期限の表示】が義務付けられているため、普通のハチミツは2~3年、マヌカハニーは3~5年ほどの賞味期限が表示されている。しかし、砂糖や人口甘味料を加えていない本物のマヌカハニーであれば、何年も品質が劣化することはないと考えられている。

ちょっと難しい単語で恐縮なのだけど、この抗菌作用はハチミツに含まれる「過酸化水素」という成分によるもの(ここではハチミツには〝菌の増殖を抑える成分がある〟ということだけ押さえてもらえればOK!)。この抗菌成分はもちろんマヌカハニーにも含まれている。

しかし研究者の間では「マヌカハニーの抗菌作用は、他のハチミツと比べても圧倒的に強い」と噂になっており、1981年にワイカト大学のピーター・モラン博士がその謎を解明すべく研究を開始することに。そしてその研究を始めて間もなく〝世紀の発見〟が判明し、マヌカハニーの存在は一気に世界中へと知れ渡るようになる。

1981年に「世紀の発見」が見つかる

まずピーター・モラン博士は、マヌカハニーが持つ強力な抗菌作用を調べるためにこんな仮説を立てた。

マヌカハニーには、他のハチミツとは異なる〝別の抗菌成分〟があるのではないか-。

そこでピーター・モラン博士は、マヌカハニーと数種類の異なるマヌカハニーを取り寄せ、それぞれの抗菌力のレベルを測定することに。方法は至ってシンプルで、①すべてのハチミツに含まれる共通の抗菌成分「過酸化水素」を取り除く ②その上で、マヌカハニーにしかない固有の抗菌成分を見つけ出すというもの。

マヌカハニー研究の第一人者 ピーター・モラン博士

そしてその結果は…。マヌカハニーには「過酸化水素」とは別に、独自の「強力な抗菌作用」を促す成分を持つことが明らかになった。これはどういうことかというと

●他のハチミツの抗菌成分:過酸化水素
●マヌカハニーの抗菌成分:過酸化水素+抗菌成分Ⅹ

さて、話が難しくなってきた(汗)

話を整理をすると、ここで分かっていることは、マヌカハニーには他のハチミツにはない「独自の強力な抗菌成分が存在している」ということだけ。その抗菌成分Xがどんな物質なのかを当時はまだ特定することができず、その後もしばらく研究は続くことに。

研究者や専門家の間では、この謎の抗菌成分Xを「非過酸化活性成分」と呼んでいた。しかし〝世紀の発見〟から16年経っても、その抗菌成分X が何なのかを特定することができず、そこで「抗菌成分X にもっと分かりやすい名前を付けよう」という声があがった。そこでピーター・モラン博士は、1998年その抗菌成分 を『UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)』と命名。

Unique(独特な)Manuka(マヌカ)Factor(成分)の頭文字をとって『UMF』。分かりやすいような分かりにくいような…。

そんな真実がよくわからないまま名付けられてしまった『UMF』だが、マヌカハニーを購入したことがある人は、ラベルに「UMF10+」とか「UMF15+」という表記を見たことがあるのでは??これはマヌカにしかな独自の抗菌成分のことを表しており、この数値が高ければ高いほど「抗菌作用が強い成分がたくさん入ってますよ」という意味。マヌカハニーの値段もその数値に比例して高くなるというのが一般的だ。

ちなみに!マヌカハニーを選ぶ際は、この『UMF』の表記は1つの目安になるので、覚えていて損はないだろう(数値の味方については後日の記事にて深堀します)。

世紀の発見から27年。ついに謎の抗菌成分が解明

その『UMF』と名付けられた〝謎の物質〟の解明に向けて、世界各国の研究グループは血眼になって研究を進めたのだが、誰一人として決定的な結果を導くことができなかった。しかし1981年の世紀の発見から、27年が過ぎた2008年。ついにドイツの研究者トーマス・ヘンレ教授が率いる研究チームが、謎の抗菌物質X を特定することに成功。それが『MGO(メチルグリオキサール)』と呼ばれる物質。

この『MGO』という表記も、マヌカハニーを購入したことがある人もいるのでは??ぼく自身もUMFやMGOというアルファベット表記を見たことはあったものの、これが何を示しているのかは今まで知らず…。これもUMF同様に、この数値が高ければ高いほど「抗菌作用が強い成分がたくさん入ってますよ」と覚えて頂ければと思う。

『UMF』と『MGO』。ちょっとややこしいけど、これらのアルファベット表記は共に「マヌカハニーの抗菌成分の量を表す指標」ということだけ、まずは押さえてもらえたらと思います。「じゃあなぜ指標が2つもあるの?」と思う方も多いと思いますが、それには権力争いとか、ハチミツ協会の思惑などオトナな事情がたくさんあり、、、その辺りはまた別の機会に深堀していきます。ちなみに今は『UMF』の基準をさらに厳しくした『MGS』なんて表記もあります。頭パンクしそう。。。

MGOの原点は、マヌカの〝花蜜〟だった

前回の記事「マヌカハニーの知られざる歴史」でも少し触れたが、マヌカハニー独自の抗菌物質『MGO』の原点について、今回の話を踏まえた上でさらに詳しく深堀していこうと思う。

まず今までのおさらいをすると、マヌカハニーには、他のハチミツにはない「強力な抗菌成分」があって、その正体は『MGO(メチルグリオキサール)』だということが分かった。そして次に湧いてくる疑問は「そのMGOはなぜマヌカハニーだけに多く存在するのか?」ということ。そこで改めて「ハチミツがどのように作られているのか」が分かれば、自ずと予想は付く。ちなみにその詳細は以前の記事「マヌカの驚異の生命力とその神秘」にまとめてあるのでそちらを参照して欲しいが、要約するとこんな感じ。

ハチミツは、蜜蜂がハチミツの元になる「花の蜜」を集めて作られる。そしてこのハチミツの元になる「蜜」を蜜蜂に提供する植物のことを「蜜源」と呼び、その蜜源がどんな植物の花かによって、それぞれのはちみつの味や香り、食感、色、そしてハチミツに含まれる成分や栄養素が違ってくる。

ということは… その強力な抗菌成分『MGO』の原点は、マヌカの「花蜜」にあることが自ずと予想が付く。

しかししかし。ドラマはここで終わらない。モラン博士とその研究チームはマヌカハニーに含まれる『MGO』という抗菌物質について新しい事実を次々に明らかにしていくのだが、その1つに衝撃の事実が発覚する。なんとマヌカの花蜜には『MGO』がまったく含まれていないというのだ。

そしてもう1つ。マヌカの花蜜には「ある物質」が突出して高い数値を示すことが判明。それは『DHA(ジヒドロキシアセトン)』という名前の物質(←この長くてややこしい物質の名前は覚える必要なし。ちなみに魚の油に多く含まれるDHAとは違う。じゃあなぜ同じ表記なんだと思うだろうが、それは研究者に文句を言ってくれ)なのだが、このマヌカの花蜜に多く含まれる『DHA』は、マヌカハニーには含まれていない。

つまり、巣の中の〝何らかの作用〟によって、『DHA』から『MGO』が生成されているということ(この仮説は研究ですでに実証されている)。

『MGO』が生成される仕組みに関しては頭が溶けてしまうので省略するが、「マヌカ」という驚異の生命力を持つ植物と、ヨーロッパ人が持ち込んだ「西洋ミツバチ」。この2つが交差し、さらに巣の中で熟成されることによって『DHA』という成分が『MGO』という成分に変異する。そして、その抗菌成分『MGO』の存在が、マヌカハニと他のハチミツの決定的な違いとなっている。

以前に書いた記事でもぼくが繰り返し「マヌカの木とみつばちの共同作業で作られたマヌカハニーは奇跡のコラボレーション」と書いているのはこういった理由があったから。

(ちょっとテンションがあがり過ぎたので、ここでひと呼吸します。)

つまり、マヌカハニーのこの特別な効能は、マヌカの花蜜がなくしてはありえない。さらに、蜜蜂が介在することによってはじめて『MGO』が生成され、唯一無二のハチミツ「マヌカハニー」が完成する。

神秘のベールに包まれ、比類なきパワーを持つマヌカハニー。その一端は、こうしてピーター・モラン博士やヘンレ教授、そして世界中の研究チームによって少しずつ解明されてきた。しかし現代の科学をもってしても、まだ未知な部分も多いようだが、近年の新しい研究では、アラブエミレーツ大学が「乳がんのがん細胞にマヌカハニーが効果がある」という論文を発表したり、尿路感染症にマヌカハニーを用いたところ、細菌の増殖が止まったことという研究結果も出ているとのこと。

また医療先進国であるアメリカでは、すでに医療の現場や一般消費者向けに、高抗菌性のマヌカハニーを活用した商品の販売が始まっており、マヌカハニーは近い将来、タミフルや抗生物質に代わるかもしれないと言われるほどの無限の可能性を秘めている。

奇跡の賜物、マヌカハニーへの期待は高まる一方。そんな神秘の力をありがたくいただいて、ぜひ健康管理の1つとして、マヌカハニーを毎日の暮らしに取り入れてみてはいかがだろうか?

次回以降もマヌカハニーについて(歴史/新事実/正しい選び方/お勧めマヌカハニー/効果的な食べ方など、複数回に渡って、さまざまな視点からマヌカハニーの魅力をぼくなりに紐解いていきます。ぜひ次回もお楽しみに!

2020.08.09. トミマツタクヤ

▼ トミマツタクヤ 一押しのお勧めマヌカハニー ▼

トミマツ タクヤ


ニュージーランド写真家

1986年11月13日 福岡生まれ。大学卒業後、一般企業に就職するものの 会社生活に馴染めず転職を繰り返す。度重なる体調不良をきっかけに会社員生活に終止符を打ち、2013年 世界一周を夢見てニュージーランドへ初渡航。数ヶ月の滞在予定が1年4ヶ月もの歳月を過ごす。帰国後は【Small is Beautiful より小さく、よりスローに。】をテーマに撮影・表現活動を行う。2015年から過去50回に渡り「写真×音楽×ストーリー」を組み合わせた上映会スタイルの写真展『Small is Beautiful』を日本全国で開催。”写真展示のない写真展” として話題を呼び、延べ5000名以上を動員。自身の人生をも変えたそのメッセージと世界観は多くの人の感動を呼ぶ。2018年9月にはガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』を四角大輔氏らと共に出版。2020年1月からはニュージーランドを最北端から最南端まで約3,000kmを縦断する『テ・アラロア』に挑戦(※ 1,100km時点でロックダウンにより中断。2022年より再開予定)。

現在はオア明奈氏と共にNZライフスタイルブランド『iti(イティ)』を創業し、オンラインショップと会員制コミュニティを運営するなど、『Small is Beautiful』の世界観を追求すべく、新たなステージへと突入した。

WebsiteInstagram

※ 詳しいプロフィールはこちら

#トミーマヌカブログ