Photo Gallery

フォトギャラリー

Blueworld AO

次は「この手」で、たくさんの人を幸せにしたい

2000年生まれの若干17歳(出会った当時)。彼女のペンネームはAO。2018年1月28日、ぼくはとんでもない〝子〟と出会ってしまった。

彼女が何者かというと……半年前まで自分を否定し、自分を生きることを諦めていた女子高校生。どうやら彼女は計算が苦手で、引き算は手を使わないとできなかったらしい。それを先生をはじめ、クラスの子にも笑われた。その日から無意識に手を隠すようになり、さらには自分自身をも隠すようになった。でも絵を描き、自分を表現し始めてから、彼女は変わる。

「次はこの手で、たくさんの人を幸せにしたい」 

彼女はそうまっすぐな眼差しで語ってくれた。今はアーティストとしての才能が開花し、2017年『地球こどもサミット in 志摩』の演出として参加。2019年10月には『地球こどもサミット in ニューヨーク』での演出も手掛けるという。その世界進出に向け、日本の伝統工芸や文化などを学ぶために、日本全国を旅することを決意。

そのための資金繰りのためにクラウドファンディングを起ち上げたのだが…なんとわずか1日で120万円越え。また自分の活動を知ってもらうために、キングコングの西野さんやホームレス小谷さんに直談しにいったりと〝行動力〟が半端じゃない。しかもまっすぐでピュアだから、すべてをあっという間に引き寄せてしまう。

自分が30年かけて、まだ積み上げている最中のモノを、この子はわずか17年で完全に自分のモノにしていた。純粋で熱い「想い」を持ったAOのような仲間こそが、どんどん活躍し、応援する人が増えればこの世の中はもっともっと良くなっていくはず。そんなことを確信させてくれるほど、人を惹きつける〝何か〟を持っている子だった。

About AO

小学校からイジメに遭い、不登校・摂食障害に悩んだ過去を持つ。体重が激減し死を意識したとき、誰かの顔色を伺う生き方をやめ、〝自分のために生きる〟ことを決心。『AO』という名は、生きることが辛かった時期に訪れたハワイの青い海・青い空に心癒され「自分も存在しているだけで癒しを与えられる存在になりたい」との願いを込めて命名。

その後、SNSで自分の描いた絵を発信しながら、講演会で自らの体験を伝える活動を開始。2018年2月には伝統工芸や文化を学ぶためクラウドファンディングを立ち上げ、わずか1日で目標金額100万円を達成。最終的には200万円を超える支援を受け、現在は日本全国を旅して周り、新たな出逢いを広げながら表現活動を続けている。

2018年9月1日には書籍「#AO」を発売。クラウドファンディングで達成した伝統工芸をまわる旅はもちろん、これまでに制作した作品の数々を収録し、AOが作品に込めた想いなどが赤裸々につづられている。

▽Instagram|blueworld_ao
▽Facebook|blueworld_ao

撮影データ
【モデル】
AO
【撮影者】
富松卓哉
【撮影地】
渋谷路上
【撮影日】
2018年1月28日
【カメラ】
Nikon D750
【レンズ】
AF-S NIKKOR 85mm f1.4G / 35mm f1.4G