Retreat in New Zealand

Produce by Takuya Tomimatsu

Retreat in New Zealand 2019

2017年にスタートした『Retreat in New Zealand』。毎年ブラッシュアップを重ね、今回で3回目を迎えます。ぼく自身も毎年NZを訪れながらも、この大地が持つパワーと、ここに暮らす人のエネルギーにいつも驚かされ、毎年大きな気付きを与えてくれます。2019年は食の都『Matakana』のオーガニック&ヴィーガンリトリートが加わり、NZ最果ての街『Karamea』・NZの秘境『Hopewell』での計3カ所での開催が決まりました。NZを5年以上に渡って旅をしてきた中で、ぼくが自信を持ってお勧めできるエリア・宿泊施設・コンテンツを厳選し、自分の人生を見つめ直すのに最高の環境をご用意しました。そしてぼくが心から信頼できる素晴らしいファシリテーターたちをお呼びしています(ファシリテーター紹介を参照ください)。NZの感動をたくさんの方と共有できることを心から嬉しく思います。2019年5月、皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。

Retreat in New Zealandの流れ

リトリート・プログラム2019の概要・スケジュール・流れについて。

NZ最果ての街『Karamea』リトリート・プログラム

「何もないけど、すべてがある」。Karamea(カラメア)に関して、これ以上の説明はもはや不要。この地に来るべきかどうか、あなたの心はもう分かっている。NZ最果ての街『Karamea』で過ごす奇跡の4泊5日。あなたはここで「新しい自分」と出会えるはずだ。

NZの秘境『Hopewell』マインドフルネス・リトリート

アクセスは超不便ながら、バックパッカー協会BBHで15年連続1位に輝く『Hopewell』。満天の星空を眺めながらのスパ、タイや天然のマッスル貝・オイスターなどのシーフード、大自然の中でのアクティビティ(カヤック・SUP・釣りetc)は格別。究極の「何もない」環境の中で、自分の「内なる声」と本気で向き合う4泊5日。

食の都『Matakana』オーガニック&ヴィーガン・リトリート

”食の都” と称される『Matanaka』の最大の見どころは土曜日の朝に開催されるファーマーズ・マーケット。NZの大地の恵みを最大限感じながら、徹底的に食材にこだわったオーガニック&ヴィーガンメニューと共に、『食』を通して心と身体と真剣に向き合う4泊5日。

ファシリテーター紹介

参加者の声

過去2度に渡って開催した『Retreat in New Zealand』にご参加いただいた参加者の感想はこちら。

FAQ

リトリート・プログラムに関する『よくあるご質問』と『回答』についてはこちらから。

お問合せ・お申込み

『Retreat in New Zealand 2019』のお問合せ・お申込みはこちらから。

『リトリート』とは?

”Retreat (リトリート) ”とは直訳すると「避難・退去・隠れ家」などを意味しますが、近年 ”Retreat” とは「仕事や家庭生活などの日常生活から一旦切り離し、身体に優しいオーガニックフードを食べ、無理なく身体を動かし、異なる文化を持つ人との触れ合いや対話を通して人生を見つめ直す」という意味として使われています。

日々の忙しさに追われ、将来への不安を頂いている状態では、自分自身やこれからの人生とゆっくり向き合うことはできません。だからこそ、現代を忙しく生きる日本の人に必要なことは「心静かに、自分自身をゆっくり見つめ直す」時間をつくること。ニュージーランドはまさに最高の環境が揃っています。

日常生活から少し距離を置いて、ニュージーランドの大自然の中で 身体に優しいオーガニックの食材や パーマカルチャー体験・パワースポット巡り・原生林ハイキング・ヨガなど、自分自身をゆっくり内観し、心と身体が健全なバランスを取り戻すためのプログラムを用意しました。

同じ島国で、同じ先進国。四季があり、国土の形も気候も似ているなど「姉妹国」とよく称される日本とニュージーランド。

片や人口1億人を超え、ゴミ処理場の数は世界一。世界有数の産業&経済大国で、出生率は先進国ワースト、労働時間の長さと睡眠時間の短さは世界トップクラス。

片や人口わずか480万人、経済はOECD加盟国で最小。出生率は先進国トップで、労働時間は最短レベル、長期休暇日数は世界上位組という『ライフスタイル大国』。日本と比べると、ニュージーランドは本当に不便で何もない小さな国だが、人が豊かに、幸せに生きるための「すべて」があります。

現代の日本が失ってしまった何か。
日本人が忘れてしまった何か。

それが、この「未来の国」ニュージーランドには、まだ残っています。

できる限り多くの方がこの国を訪れ、生きる上で「本当に大切なもの」と「豊かさ」を実際に感じてもらいたい。そして、この国への旅が「自分らしさ」を取り戻し、これからの人生を見つめ直すキッカケとなるなら、それほど嬉しいことはありません。それこそが、ぼくは『Retreat in New Zealand』を開催する最大の理由です。

2017年にスタートした『Retreat in New Zealand』。毎年ブラッシュアップを重ね、今回で3回目を迎えます。ぼく自身も毎年NZを訪れながらも、この大地が持つパワーと、ここに暮らす人のエネルギーにいつも驚かされ、毎年大きな気付きを与えてくれます。2019年は食の都『Matakana』のオーガニック&ヴィーガンリトリートが追加し、Karamea・Hopewellに加えて、計3カ所での開催が決まりました。NZを5年以上に渡って旅をした中で、自信を持ってお勧めできるエリア・宿泊施設・コンテンツを厳選し、過去最高のプログラムをご用意しました。そして自分の人生を見つめ直すために、最高の環境と素晴らしいファシリテーターたちをお呼びしています。間違いなく一生忘れらない感動の4泊5日となるでしょう。

それでは皆さまとニュージーランドでお会いできる日を楽しみにしております。


富松卓哉|Takuya Tomimatsu