四角大輔

「何もないけど、すべてがある」

 

どこからも遠い、ニュージーランドの最果て。原生林と原始海にはさまれた町「カラメア」。

パーマカルチャー
持続可能なライフスタイル
オーガニックフード
グレイトネイチャー
アート
ヨガ
そして、ラブリーピープル。

ここには「何もない」けれど、ぼくが人生で追求するテーマ「すべて」があった。

 


大田芳枝

「ここに来ていなかったら、また違った人生になっていた」

 

住み慣れた日本では気づかない「何か」がここカラメアには存在していた。それを言葉では語ることななんてできなくて、実際に肌で感じてみないとこの感動はわからない。私はこの5日間で、生きていく上で「自分の豊かさ」に気づくことができた。そして「ここに来ていなかったら、また違った人生になってたかもしれない」と思えるほど、自分の中で大きな変化があった。

カラメアで過ごした日々は私にとって、一生「心の宝箱」に残る体験になった。

 


Lefua Satsuki

「まさにこの旅が “私の人生のリスタート” になった」

 

カラメアでの5日間は今、思い出すだけでも涙が溢れそうになります。

細胞ひとつひとつが浄化されていくような新鮮な空気。満天の星空とこれまで見たことのないほど太く大きな天の川。原生林の繊細かつしなやかな瑞々しさに地球と一体となる感覚。自分も地球の一部であるということを思い出していく。これまでの日本での色んな感情が溢れ洗い流されるようでした。

そしてロンゴファミリーの皆さん。愛に溢れる笑顔とお料理。それがとても自然で、いかに自分が日本でリラックスしているようで不自然だったり緊張していたかに気づいたりもしました。こんなにも美しい人たちや自然、この世界があることをもっと早くに感じたかったという想いと、今この時に気づけて良かったという感動があります。

帰国後、ずっと迷っていたこと、言い出せず動き出せずいたことに正直に歩んでいくスタートを切りました。まさにこの旅が「私の人生のリスタート」になりました。カラメアにという場所に出会えたこと。ここで過ごした5日間。ここで出会った皆さますべてに心から感謝しています。

 


大田一耕史

「地球に生かされていることを教えてくれた」

 

“カラメア” という空間。自然。動物。人々。ここに在るすべてが「あぁ、自分は地球に生かされているんだ」と気づかせてくれた。それは初めての感覚だった。ここはそんな気づきを与えてくれる、おそらくこの世界に残された数少ない場所だ。

 


渡辺 涼子

「”私は今、生きているんだ”と感じることができた」

 

カラメアには娯楽もなければ、お店もほとんどなく、不便な場所かもしれません。でもこんなにも一瞬一瞬の時間を、大切に感じながら楽しく過ごすリトリートは他に経験したことがありません。日常の生活にのまれ「今」という時間を感じずにいた私ですが、ここでは「私は今、生きているんだ」と感じることができました。

 

 

小林麻由子

「”何もしない”をしに行くところ」

 

私にとってカラメアは、流れる時間に身をゆだねて「何もしない」という贅沢を味わう場所でした。
 
朝のぴんと張った空気。
どこまでも続く濃い緑。
真っ赤に燃えながら地平線に沈む夕日。
手が届きそうな星空。
ファームの土の匂い。
そして人の優しさ。
 
ここで見たもの、触れたもの、過ごした時間のすべてがわたしにとって最高のご褒美でした。

 

友成紗織

「”また戻ってきたい”と思わせてくれる場所」

 

ただただ「ボーッ」としてしまう。これが本当の”オフ”なんだなと感じました。日の出と共に起き、朝日を浴びて、目の前の海で魚を釣り、夕飯を食べる。そんな原始的でかつ本来の人間的な生活を送ることが、実は何よりの贅沢なことなんだと気付かせてくれました。

そして参加者同士では思っていることをそのまま話せたり、聞いてもらえたり、”ありのままの自分”を受け入れてもらえたことが、ただただ嬉しかったです。NZのゆったりとしたこの場所が、私の心を開放してくれました。「また戻ってきたい」と思わせてくれる場所です。

 

Vol.1 2017/05/01 – 05

 

 

Vol.2 2018/03/20 – 24

Vol.3 2018/04/29 – 05/03

Vol.4 2018/05/13 – 17