ニュージーランドを最北端から最南端へ。写真家トミマツタクヤが、世界屈指のロングトレイル『Te ARAROA(テ・アラロア)』に挑戦。そしてその5カ月間 3,000kmに及ぶ旅をドキュメンタリー化が正式に決定。2019年12月、トミマツタクヤによる〝人生最大の挑戦〟がいよいよ幕を開ける。

正直、自分でもアホだと思った。

こんなことをやりたいと思うなんて。 
こんなことにチャレンジしたいと思う自分がいるなんて。

でも やるなら “今” しかない。 
やらないと一生後悔する。

それだけは間違いない。

2019年12月 ぼくはニュージーランド(以下NZ)で最初で最後となる人生最大のチャレンジに挑みます。

- Te ARAROAプロジェクト 目次 -
  1. プロジェクト概要
  2. ぼくはなぜ 『テ・アラロア』に挑むのか
  3. プロジェクト・スポンサーご紹介
  4. ご支援のお願い(クラウドファンディング挑戦中)
  5. お問合せ

 

トミマツタクヤ | Takuya Tomimatsu


ニュージーランド写真家

【Small is Beautiful -より小さく より美しく-】をテーマに撮影・表現活動を行う写真家。2015年から過去40回に渡り「写真×音楽×ストーリー」を組み合わせた独自スタイルの写真展『Small is Beautiful』を日本全国で開催。1500名以上を動員し、そのメッセージと世界観は多くの人の感動を呼ぶ。2018年9月にはガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』を四角大輔氏らと共に出版。日本国内では伊豆・修善寺や隠岐の島・布施地区の地方創生プロジェクトの撮影やプロデュースを手掛けるなど『Small is Beautiful』の世界観を追求すべく活動を続けている。

2019年12月よりNZ究極のロングトレイル『Te ARAROA(テ・アラロア)』への挑戦を発表。未知なるチャレンジに向けて、新たなスタートを切った。

▶ SNSページ:InstagramTwitterFacebook

※ 詳しいプロフィールはこちら