『Te ARAROA 3,000km』の挑戦とドキュメンタリー制作の実現に向けて、
クラウドファンディング挑戦中!ぜひご支援をお願い致します!

▶▶ 詳細はこちらから ◀◀

ニュージーランド写真家トミマツタクヤが、NZの新たなチャレンジとして挑む『Te ARAROA(テ・アラロア)』

これは NZの最北端から最南端を結ぶ「世界屈指のロングトレイル」で、その距離なんと3,000km毎日25kmのペースで歩いても4カ月かかる道のりで、このプロジェクトでは 2019年12月から約5ヶ月間に渡ってNZを縦断します。

このコースの特徴は、自然の中だけでなく、市街地・牧場・ビーチ沿いなど、普通のハイキングでは歩かないような場所もルートに含まれていること。オークランドやウェリントンといった大都市もコースの一部で、現地のカフェやファーマーズ・マーケットに寄ったり、NZのライフスタイルカルチャーとも触れ合いながら、最終地点ブラフを目指します。

Te ARAROAスタート地点のケイプ・レインガ
コースの一部でもある首都ウェリントン

(※参考:日本最北端の宗谷岬から最南端 沖ノ鳥島まで2,845km)

しかし、ぼくがこのチャレンジを通して成し遂げたいことは 「ただ3,000kmを歩き切る」 ことではなく、 この3,000kmの過程で見えてくる〝NZという国が持つ本当の魅力〟を余すところなく映像化し、ドキュメンタリーという形で、たくさんの人に届けること。

 
かつて “どん底” だったぼくの人生は、NZでの体験をキッカケに大きく変わった。

 
そして ぼくだけじゃなく、NZを訪れたことをキッカケに、自分の生き方を見つめ直したり、新たな人生の一歩を踏み出す人がたくさんいる。

人生を変えてしまうほどの「ニュージーランドの魅力」とは。
どんな出会いと体験が、人を変えるのか。

 
 
今回のプロジェクトでは、その秘密を写真と映像とともに、ドキュメンタリー形式でお届けします。

 
そして、今回のプロジェクトに向けて、Te ARAROAドキュメンタリー制作チームを結成。数々の映画や映像制作に関わってきたプロフェッショナル&クリエィティブな人たちが参加してくれることが決まりました。

 

そして彼らと共に、《 ナショナルジオグラフィックのような写真&映像美 》 《 本来の自分へと還っていくストーリー 》 を組み合わせた、今までにない独創的なスタイルのドキュメンタリー映像作品の制作を目指します。

『Te ARAROA 3,000km』の挑戦とドキュメンタリー制作の実現に向けて、
クラウドファンディング挑戦中!ぜひご支援をお願い致します!

▶▶ 詳細はこちらから ◀◀

2. ぼくはなぜ『Te ARAROA』に挑むのか

coming soon

3. ドキュメンタリー作品について

coming soon